王道楽土とは?

王道楽土ってどんな焼酎なの?

焼酎を語るには、王道楽土というシリーズを知らずに語ることはできません。
ここでは、王道楽土とはどのような焼酎かを簡単に紹介していきます。

「王道楽土」と書いて、「おうどうらくど」と読みます。

原材料には、黄金千貫という芋を使っています。
ですから、王道楽土は焼酎の中で芋焼酎に分類されます。

原材料の黄金千貫は、甘みが強くクセが少ない品種です。
この黄金千貫を使うことで、まろやかな甘味とクセが少ない焼酎を造ることができます。
昔ながらの黒麹仕込みの焼酎のため、しっかりとしたコクと味わいが楽しめます。

特にこの焼酎は、無濾過製法というのにこだわっています。
一般的には、機械を使ってフーゼル油(アルコールの特有の匂いや雑味を発生させる元)を完全に取り除きます。
しかし、無濾過製法である王道楽土では、機械ではなく手作業で浮いているフーゼル油を取り除きます。
手作業ですることで、あえてフーゼル油を少し残した製法なのです。
そうして、雑味と旨みのバランスのとれた焼酎が出来上がります。

常圧蒸留なので、芋本来の味を楽しめるつくりとなっています。

開栓してみると芋の香りが広がり、飲んでみると芋本来のまろやかな甘味と香りを感じます。
あと味はすっきりしていて飽きさせません。
芋焼酎の割には、飲みやすいところがいいですね。

この焼酎は恒松酒造という場所で製造されています。
近年、人気があるため品薄状態が続いているようです。
買うのなら早いうちがよいでしょう。

みなさんも、ぜひ、王道楽土を一度ためしてみてはいかがでしょうか?